ずっと隣で

40代終わりに出逢って好きになった彼とのことを残しておきたくて。お互いに既婚でしたが、彼は先に独りになり、『私の席と居場所』を用意してくれました。

二人の時間

おはようございます


先週から彼は体調不良。毎日の、『おはよう、蒼空。行ってきます』『これから帰ります』『おやすみなさい』のメールも途絶えがち。


私も夜勤続きだったのと、娘が居なくなった部屋の片付けに終われて、メールでの様子伺いでしか彼とやり取りできませんでした。


逢いにいきたいけど、行けない....


来て欲しいけど、言えない....


二人とも、敢えて口に出さないけどちょっとツラい期間でした。


でも昨日はお泊まりデートできました。

万全の体調ではないものの、私を部屋の玄関で迎えてくれた彼の笑顔は本当に嬉しそうで....泣きそうになりました。


私も夜勤明けだったのもあり、早めに就寝したのですが、そのまま眠るはずもなく....


実をいうと、手術前からゆっくり逢えるデートが久しぶりで約2ヶ月近く振りの彼とのラブラブの機会で....


とりあえず合間に仮眠したかな....?という感じでした。

(体調悪いってほんまかいな?のレベル)


眠りかけてた私が寝入ったと思った彼からの『蒼空。大好きだよ。愛してるよ』の言葉に目を開けた私....


『ゲッ❕起きてたのか』照れまくりの彼でした。


今朝は一緒にシャワーして、彼は『ちょっと頭痛は残ってるけど、スゴく楽になったよ。』と言ってくれました。


色々私も考えてることがあります。

今すぐ行動に移せないもどかしさもあります。


きっと彼も色々思いがあるでしょう。


二人とも今は敢えてそれは心の中にしまっていて、時々ちゃんと確認して....

変わらないのはこの想い。


私も大好きです。

ずっとずっと愛してますから。


本日も読んで下さりありがとうございます。

サクラ、満開🌸

昨日は彼と夜デートでした。


久しぶりに早めの時間に待ち合わせして居酒屋さんへ。

基本、予約しない彼ですが昨日はしっかり予約してました。

何故なら、プロ野球の開幕戦を観ながら飲みたい為😅


お誕生日デートのとき、お仕事が立て込んでて、プレゼントを買えなかったと彼に言われて....


『欲しいもの何?』と聞かれたので


『特に何もないなー、何か身につけるものが良いかな』


『パンツ?靴下?湿布?』


と、いつもながらのお馬鹿な会話をしていたのですが....


『あのね、プレゼントは靴にしようと思うから一緒に買いに行こ。』と彼。


でも昨日は試合開始が迫っていて、『靴も、俺も逃げないから』と真っ直ぐ居酒屋さんへ。


中継を観ながら、今月の予定の打ち合わせ。

次のデートはお泊まり出来そうかも....と伝えると、子供のように喜んでくれるのがこちらまで嬉しかったです。


試合も勝って、お店を出たあとは夜桜🌸を楽しみました。


『来年の桜はさすがに一緒に観れないね』というと


『蒼空ちゃんが俺のとこに来て一緒に観れば大丈夫』


『行けるかどうかわかんないよ、桜ってすぐ散っちゃうから』


『まっ、桜はどっちでもいいけどね。蒼空ちゃんと一緒なら』


それから彼の部屋に。


昨日の彼はちょっと寂しん坊で....


『蒼空はいつずっと俺の隣に来れるんだろね』とポツリ....


『やっと見つけたから仕方ないよな。ずっと見つけられなくて、だから待つよ。』


何だか、とても可愛くて、愛しくて....


でも今は、まだごめんねしか言えなくて。


バイバイしたあと、『ごめんね、ずっと一緒だから、待っててね』とメールしました。


彼からの返信は


『約束げんまん』


どうしても


どうなっても


貴方を愛しています。


本日も読んで下さりありがとうございます。

ずっと

術後、仕事復帰しました。


色々気遣ってもらいつつ、自分の体調とも相談しながらも、若干は頑張りすぎたりして....

どうにか、なんとかやっています。


娘の一人暮らしの部屋の契約も終え、ひとまず落ち着きました。とはいえ、まだまだですが。


あと数日で私の誕生日なのですが、当日は仕事の為逢えないので、14日の夜彼と約束していました。

でも、『14日まで長すぎる』と彼が言ってくれて昨日に前倒しになりました。


彼はお休みの予定でしたが、前日お仕事でトラブルがあったそうで、急遽仕事になり....

遅い時間からの待ち合わせになりました。


逢ってすぐ、『ごめん、何も用意してないから、今日は誕生祝いではなく、普通のデートだから。14日が元々の予定だったからお祝いはそのときにね』


ホントにいつもいつもいつもありがとう....


これまではお店を予約してくれてたり、ランチクルーズに連れていってくれたりだったので、彼は急に仕事になりプレゼントの用意も出来ず、お店の予約も出来なかったことを気にしてくれたようです。


昨日は串焼き屋さんのあと、お寿司屋さんに行き、カラオケに。


ギューの時間はなくても、彼と一緒にいると二人ともずっと笑っています。

時間になり、カラオケ屋さんのエレベーターに乗ると、急に彼は寂しそうな顔に。


わざと『泣かないのよ、すぐに逢えるからね』と私。


『一緒に帰れないのがなー(寂しい)』と彼。


明るく振る舞いながらも、私も「ココロのあちこち」がチクチク痛みます。

彼はひとり....

私はズルいな....彼を想うとき、彼と一緒に過ごすとき、いつも私はココロの裏側で自分を嫌いになりそうに。


娘が独り立ちし、少しですが私も動きたいと思ってます。

誕生日を迎えるにあたり....


ちょっとした決意表明を記しておきます🌱


本日も読んで下さりありがとうございます。